おおみやで こころのかよう おもてなし

新道山家は大宮で遠く明治の時代から料亭旅館として永きにわたりご愛顧を頂いています。

季節の味覚や色彩を鮮やかにあらわした日本料理を落ち着いた数寄屋造りのお座敷で
心行くまでお楽しみください。

私どもは時の流れの中で「いつも新しい老舗」でありたいと願っております。

大切な方へ心の通う「おもてなし」は新道山家にお任せください。

新着情報

    師走(十二月)

    大宮の年末年始は武蔵一宮・氷川神社と共に有ります。師走の神事ではまず大湯祭(だいとうさい)を挙げなくてはいけません。11月30日から12月11日にかけて行われる神事で10日に本祭が行われ、酉の市がたつことから十日市(とうかまち)という呼び名で親しまれています。参道や境内に二千軒もの露店が立ち並び毎年二十万人近い参拝客で賑わいます。中でも熊手市は熊手でお金をかき集めるということで我先にお目当ての熊手を手に入れようと午前零時から販売がはじまると、境内にはお買い上げの手拍子と歓声が賑やかにこだまして、年の瀬に相応しい活気溢れるお祭りとなります。二十八日にはお札納めの日とされて一年間ご利益を賜ったお札を丁寧に労い納めます。そして三十一日大晦日の夜半から早くも初詣が始まります。関東一円から集まる参拝客の数は毎年全国の初詣ベストテンにランキングされています。
    新道山家では大晦日まで忘年会の営業を続けています、明けて新年会は六日からの営業となります。行く年も来る年も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
    亭主・川島利雄 敬白


    料亭

    移ろい行く季の姿を旬の味覚と鮮やかな色彩で写し取る。

    日本料理はいま世界中のグルメから注目されています。

    当店は伝統の技を基本にしながらも常に新しい切り口で独自の
    会席料理を追求しています。

    長松佑次調理長が丹精込めて創り上げる月替り献立はいつも新鮮な
    サプライズをお約束します。

    旅館

    木の香りも清々しい数寄屋のお部屋で身も心も寛げる
    日本のお宿です。

    ご家族やお友達とごゆっくりとお過ごしいただけます。

    政府登録国際観光旅館の認可を受けて海外からのお客様も安全で
    安心な「おもてなし」をすることが出来ます。

    観光庁のJapan. Endless Discovery キャンペーンにも
    参加しています。

    新道山家で日本を再発見してください。