おおみやで こころのかよう おもてなし

新道山家は大宮で遠く明治の時代から料亭旅館として永きにわたりご愛顧を頂いています。

私どもは時の流れの中で「いつも新しい老舗」でありたいと願っております。

季節の味覚や色彩を鮮やかにあらわした日本料理を落ち着いた数寄屋造りのお座敷で
心行くまでお楽しみください。

大切な方へ心の通う「おもてなし」は新道山家にお任せください。

新着情報

    文月(七月)

    今年は梅雨明けが思いのほか早く空を見上げると入道雲が聳え立ちすっかり夏空の様を呈しています。お氷川様での夏越の神事である茅の輪くぐりを過ぎますと、新道山家では七夕祭り、大宮花火大会と夏を迎える行事が続きます。
    お一日の神事を済ませるとまず裏庭の竹林から空に向かって真っすぐ伸びた枝ぶりの良い孟宗竹を二本選んで切り出し、旧国道十六号を天の川に見立てて道を挟んで向かい会うように立てて、七夕飾りを施します。昨年の七月七日に偶然お泊り頂いた英国人のご夫婦から「何が始まるの?」と尋ねられましたので、織姫と彦星の伝説に基づく七夕の習慣をお話したところ、思いのほか感動されてましたので、英語でもよいのでぜひ短冊造りに参加してくださいとお願いいたしました。「THANK YOU FOR THE BEAUTIFULE STORY AND COSY ROOM!」との筆書きのメッセージを頂きました。
    さて今年も七月二十八日(日)に夏の大空を大輪の花火が競うあう大宮花火大会が盛大に開催されます。新道山家では日頃の皆様からのご愛顧に感謝申し上げ屋上に特別観覧席を設けております。詳しい内容はブログにございます。皆様お誘い併せてのご参加をスタッフ一同お待ちしております。   亭主・川島利雄敬白


    料亭

    移ろい行く季の姿を旬の味覚と鮮やかな色彩で写し取る。

    日本料理はいま世界中のグルメから注目されています。

    当店は伝統の技を基本にしながらも常に新しい切り口で独自の
    会席料理を追求しています。

    倉田克也調理長が丹精込めて創り上げる月替り献立はいつも新鮮な
    サプライズをお約束します。

    旅館

    木の香りも清々しい数寄屋のお部屋で身も心も寛げる
    日本のお宿です。

    ご家族やお友達とごゆっくりとお過ごしいただけます。

    政府登録国際観光旅館の認可を受けて海外からのお客様も安全で
    安心な「おもてなし」をすることが出来ます。

    観光庁のJapan. Endless Discovery キャンペーンにも
    参加しています。

    新道山家で日本を再発見してください。