おおみやで こころのかよう おもてなし

新道山家は大宮で遠く明治の時代から料亭旅館として永きにわたりご愛顧を頂いています。

季節の味覚や色彩を鮮やかにあらわした日本料理を落ち着いた数寄屋造りのお座敷で
心行くまでお楽しみください。

私どもは時の流れの中で「いつも新しい老舗」でありたいと願っております。

大切な方へ心の通う「おもてなし」は新道山家にお任せください。

新着情報

    七月【文月】

    遠く明治の時代から大宮公園周辺は都心から汽車で小一時間で訪れることができる身近な観光地として有名でした。「大宮の春は桜、夏は蛍」と言って当館の目の前に広がった見沼田圃では盛夏は大粒の光を放つ源氏蛍を目当てに大勢の人が行き交う場所でした。なかでも新道山家は蛍の宿ということで陶芸を趣味としていた頼母木桂吉(元東京市長)様を始め多くの芸術家たちが集う憩いの場としてご愛顧をいただきました。二代目の女将・川島晴子は子供時代から頼母木ご夫妻に殊の外可愛がられて軽井沢や草津の避暑にお供したことを梅雨明けの頃には決まって懐かしく目を細めて語っていたことを思い出します。いまでは残念ですが源氏蛍は見ることはできませんが代わりに「大宮の春は桜で夏は花火」と言うことができます。七月三十日(日)の大宮花火大会では当館の屋上から満天の花火をお楽しみいただけますのでご家族やお友達で是非新道山家にお越しくださいませ。 
                                                       亭主・川島利雄 謹白


    料亭

    移ろい行く季の姿を旬の味覚と鮮やかな色彩で写し取る。

    日本料理はいま世界中のグルメから注目されています。

    当店は伝統の技を基本にしながらも常に新しい切り口で独自の
    会席料理を追求しています。

    長松佑次調理長が丹精込めて創り上げる月替り献立はいつも新鮮な
    サプライズをお約束します。

    旅館

    木の香りも清々しい数寄屋のお部屋で身も心も寛げる
    日本のお宿です。

    ご家族やお友達とごゆっくりとお過ごしいただけます。

    政府登録国際観光旅館の認可を受けて海外からのお客様も安全で
    安心な「おもてなし」をすることが出来ます。

    観光庁のJapan. Endless Discovery キャンペーンにも
    参加しています。

    新道山家で日本を再発見してください。