おおみやで こころのかよう おもてなし

新道山家は大宮で遠く明治の時代から料亭旅館として永きにわたりご愛顧を頂いています。

季節の味覚や色彩を鮮やかにあらわした日本料理を落ち着いた数寄屋造りのお座敷で
心行くまでお楽しみください。

私どもは時の流れの中で「いつも新しい老舗」でありたいと願っております。

大切な方へ心の通う「おもてなし」は新道山家にお任せください。

新着情報

    二月【如月】

    二月に入りますと新道山家の玄関ではどこからともなく梅の花の香りがしてきます。香りの源は当館に隣接した大宮第二公園の大規模な梅林にあるのですが、二月も半ばになりますとかなり濃厚な梅花の香りが漂い始めます。風の無い満月の夜などには月明かりに照らし出された梅花と濃い香りの幻想的なコラボレーションに立ち会うことができます。お花見の桜は大勢の仲間と花見がしたいですが、梅花はお独り若しくはカップルでそうっと内緒で花を愛でるのがしっくりきますね。二月十八日から三月十二日までここで「梅祭り」と称して梅花鑑賞会と大陶器市が開催されます。有田や瀬戸や美濃などの代表的な窯元から人間国宝作家の作品から日常遣いの食器までが常設展示され即売会が行われます。定価はあって無いようなもの、商売人と丁々発止の値切り交渉もまた楽しいですよ。寒空の下ですが春をいいち早く先取りする気分が味わうことができるのでお勧めのスポットです。ぜひ一度ごらんください。

    今月の献立にもこの時期は真冬のなかにも春の暖かさを表す素材やキーワードが盛り込まれております。日本料理の特徴は季節感とからめた旬の味覚にあるのですが、こんなに細かな季節感はまさしく日本人ならではのものではないでしょうか。 和歌の中に隠された季語をお当てになるようにお料理の中にも季語がお幾つ見つかるかお試しください。

    亭主・川島利雄 謹白

     


    料亭

    移ろい行く季の姿を旬の味覚と鮮やかな色彩で写し取る。

    日本料理はいま世界中のグルメから注目されています。

    当店は伝統の技を基本にしながらも常に新しい切り口で独自の
    会席料理を追求しています。

    長松佑次調理長が丹精込めて創り上げる月替り献立はいつも新鮮な
    サプライズをお約束します。

    旅館

    木の香りも清々しい数寄屋のお部屋で身も心も寛げる
    日本のお宿です。

    ご家族やお友達とごゆっくりとお過ごしいただけます。

    政府登録国際観光旅館の認可を受けて海外からのお客様も安全で
    安心な「おもてなし」をすることが出来ます。

    観光庁のJapan. Endless Discovery キャンペーンにも
    参加しています。

    新道山家で日本を再発見してください。